kotoba

kotoba


ある人の日記に引用されていました。
すごく良かったので・・・・・・

ネイティブ・アメリカンの古老、
      “オリア・マウンテン・ドリーマー”の言葉より

あなたが何で生計を立てていようと、わたしには興味はない
知りたいのはむしろ、あなたが何で胸を痛めているか、
そしてあこがれとの出会いを夢見る勇気を持っているかどうかだ

あなたが何歳だろうと、わたしには興味はない
知りたいのはむしろ、あなたが愚か者に見えるのも覚悟のうえで
あえて愛を、夢を、生きるという冒険をもとめるかどうかだ

あなたの星座が何座だろうと、わたしには興味はない
知りたいのはむしろ、あなたがあなた自身の悲しみの中心に触れ
たかどうか、そして人生の裏切りによって心を開かれたのか、
それとも縮あがり、さらなる苦痛を恐れて心を閉ざしてしまったのかだ

わたしの苦痛だろうと、あなたの苦痛だろうとかまわない。
あなたが苦痛に耐えられるかどうか、そして苦痛を隠したり、薄めたり、
とりつくろったりするためにじたばたせずにいられるのかどうか知りたい

わたしの喜びだろうと、あなたの喜びだろうとかまわない。
あなたが喜びとともにいられるかどうか知りたい。
あなたが野生とともに踊り、手足の先まで歓喜に満ちて、
わたしたちに用心せよとか、現実的になれとか、人間の限界を思い出せ
などと警告せずにいられるかどうか知りたい

あなたの話していることがほんとかどうか、わたしには興味はない
知りたいのはむしろ、あなたが他人を落胆させることを恐れずに、
自分に正直になれるのかどうか、そして裏切ったと非難されても耐え、
自分自身の魂を裏切らずにいられるかどうかだ

あなたが誠実で、それゆえに信頼できる人間なのかどうか知りたい。
きれいでない日常的なもののなかに美を見いだすことができるのかどうか、
そして自分の生の源は神の存在にあると言えるのかどうか知りたい
あなたが失敗に耐え、湖の縁に立って銀色の月の呼びかけに
答えることができるのかどうか知りたい

あなたがどこに住んでいようと、どのくらい金を持っていようと、
わたしには興味はない

知りたいのはむしろ、悲嘆と絶望の夜のあと、疲れ果て、
骨の髄まで打ちのめされて、それでも起きあがり、子供たちのために
せねばならぬことをなしうるかどうかだ

あなたが何者なのか、どうやってここに来たのか、わたしには興味はない
知りたいのはむしろ、
わたしといっしょに炎の中心に立ち、しりごみしないかどうかだ

どこで、誰といっしょに、何をあなたが学んだか、わたしには興味はない
知りたいのはむしろ、
ほかのすべてが崩壊したとき、何があなたを内から支えるかだ

ひとりぼっちでも平気かどうか、
そして孤独なときの自分をほんとうに好きかどうか知りたい


d0099995_11504758.jpg

[PR]
Commented by tachan-t at 2007-05-19 12:18
自分だけが幸せになるなんてことは,ありえない。
人の幸せと自分の幸せが一致するところ・・・・
人の幸せを本当に喜べる人になれたらいいなぁ~。
みんなの苦痛が少しでもなくなればいいなぁ~。
みんなが幸せになれたらいいなぁ~。
昨日は,すごい風でしたね。
Commented by ynagamori at 2007-05-22 08:31
 一人になった時の自分はどうなヤツなのか?
ヨワヨワだけど大地に足をつけて・・・・もっと丁寧に
1日 1日生きてみたいと思います。
Commented by はるや at 2007-05-22 09:16 x
素敵な詩ですね。
ご紹介くださって、ありがとう!!
自分の生き方に自信を持てるか、自分の魂を裏切らずに生きられるか、
とても大切な事だと思います。
そしてもっこさんは自分の魂を裏切ることのない人だと、思っています。
Commented by ynagamori at 2007-05-22 10:25 x
この長い詩の中に
いろんなエッセンスがあって・・・・
それこそはるやさんは
>悲嘆と絶望の夜のあと、疲れ果て、
>骨の髄まで打ちのめされて、それでも起きあがり、子供たちのために
>せねばならぬことをなしうるかどうかだ
    これをすでにいつもやってる人だと思うよ・・・・・。

Commented by はるや at 2007-05-22 20:20 x
ありがとう。
今日も自分の心に正直に生きたために、落ち込む事があって・・・
ヘナヘナの状態で帰ってきました。
もっこさんの言葉で、少し立ち直れました。

by ynagamori | 2007-05-19 11:51 | kotoba | Comments(5)

ゆるゆる日々を切り取っています。掲載してる画像は無断使用は禁止させていただきます。


by ynagamori